2018年6月22日金曜日

米国株・ミールキットのブルーエプロン(APRN)への個人的考え

ブルーエプロンの株価の状況


ブルーエプロン(APRN)は2017年に10ドルで株式を売り出した後、あっという間に株価は下落し、1.72ドルまで下落しました。

株価は約5分の1以下に下落したわけですが、ここ1~2か月は株価の動きは悪くありません。4月に1.72ドルをつけた後、6月21日の終値は3.30ドルまで回復しています。

2018年6月14日木曜日

2018年6月の米国株式、銘柄保有状況。

主力のAPRNで42%だが、、、


6月の米国株保有状況です。

APRN、ブルーエプロンは5月3日の決算発表以来、株価が大幅上昇したので、ポートフォリオの割合をブルーエプロンが42%を占めるまでになっています。

2018年6月12日火曜日

シスコ・システムズ(CSCO)の2018年度・第3四半期の決算分析。



少し気になる決算

シスコシステムズが5月16日に2018年度の第3四半期の決算を発表しました。個人的には心配する必要はないが、少しだけ気になる決算だと思いました。

2018年6月10日日曜日

配当金は維持されるのか?ゲームストップ(GME)の2018年第1四半期の決算分析。



業績への任天堂スイッチ影響大

私が配当金目的で投資している、高配当銘柄のゲームストップ(GME)が5月31日に2018年第一四半期の決算発表を行いました。

2018年6月9日土曜日

経験上、ほったらかし投資が一番儲かっている。.


私は現在、米国株投資をしています。前回の記事で2018年5月末時点での投資のパフォーマンスを記事にしました。2015年5月より始め2018年時点で+115%と一応プラスの収支です。しかし同じ期間のS&P500指数に比べると明らかに負けています。

また私はFXとか日本株の短期売買やっておりました。恥ずかしながらどちらも儲かりませんでした。ですが投資経歴の中で、確かに儲かっていた投資がありました。それは会社で加入している、「確定拠出年金」です。

2018年6月7日木曜日

分散、分散、分散!!米国株、高配当優良銘柄を分散投資!



高配当銘柄には安定を求める

米国株の高配当銘柄に分散投資しています。IBM、AT&T、エクソンモービル、ドミニオンエナジー、フィリップモリス、シスコシステムズ、ゲームストップです。

高配当銘柄への投資は分散投資を心がけていこうと思ってます。

2018年6月5日火曜日

株価下落=ダメ企業ではない。企業の先行きなんて簡単に分からない。

経営者は愚鈍じゃない

変化の激しい世の中です。投資家から見れば、先行きが暗いと思われる企業も多いです。

ただ投資家がお先真っ暗だと判断し、株価が下がった企業がすべて潰れるわけではありません。当該企業が何もしないで、そのままの事業を続けていれば潰れるという可能性もあります。

2018年6月3日日曜日

『配当性向』。配当金を支払う余裕があるかどうかを見る指標。

配当性向とは

配当性向とは、その期の純利益(税引後利益)の中から、配当金をどのくらい支払っているかをパーセンテージで表したものです。配当性向は投資を行う際に企業を評価する指標のひとつです。計算式は、以下のようになります。『配当性向(%)=1株当たりの配当額÷1株当たりの当期純利益×100』。つまり、会社が1年間で儲けたお金からどれだけ配当金として株主に還元しているかは、配当性向を見ることでわかります。(SMBC日興証券より)

2018年6月2日土曜日

資産が急回復し、含み益に転じる!2018年5月の株式資産推移

含み益に転じる





もう5月も終わってしまいました。このあいだまで正月かと思っていましたが、もう5月も終わるとは、、、。人生とは一夜の夢のようだとは本当か、、、。(--〆)


人生一夜説はさておき、5月は私の米国株人生において、かなり劇的な月となりました。朝起きてスマホで資産をチェックするのがドキドキな毎日でした。

2018年5月31日木曜日

バフェットVSイーロン・マスク 

バフェットVSイーロン・マスク

少し前の話題なのですが、バフェットの「経済的な堀」という考えに、電気自動車のテスラやスペースXを保有するイーロン・マスクが「時代遅れ」だと噛みつきました。

そして経済的な堀ではなく、イノベーションこそが競争の決定的な要因だと言えるとしました。