2018年6月7日木曜日

分散、分散、分散!!米国株、高配当優良銘柄を分散投資!



高配当銘柄には安定を求める

米国株の高配当銘柄に分散投資しています。IBM、AT&T、エクソンモービル、ドミニオンエナジー、フィリップモリス、シスコシステムズ、ゲームストップです。

高配当銘柄への投資は分散投資を心がけていこうと思ってます。

私が高配当銘柄に投資する目的は、

・配当金の安定、株価の安定、企業の安定

だからです。高配当銘柄への投資は安定(安心)を求めています。



分散投資で個別リスクを分散

分散投資は投資先を分散させることで、リスクも分散します。その代わりリターンも分散しますが。集中投資するよりもポートフォリオの資産価値はなだらかな動きになります。

逆に集中投資は1社ごとの割合が高いので、ポートフォリオの価値も動きが激しいです。

株価や配当金、リスクなどいろんなものを安定させるには分散投資が必要でしょう。

投資先の企業がどんなに優良企業でも、株価の上下は市場平均より大きいときがあるし、個別企業のリスクはあります。配当金の減少なんてこともあるかもしれません。

例えばいくら超優良企業でも、ジョンソンアンドジョンソン(JNJ)にのみ集中投資する投資法はどうなのかなと思います。

個人的にJNJが減配することや倒産することは考えられませんが、トランプさんが薬価の引き下げを強力に進めるということもあるので、絶対ないとは言ってはいけません。

重要なのはJNJの株価がS&P500の市場平均に勝てるかどうか分からないということです。JNJのみに投資して、1社に集中投資するというリスクを冒し、その割にリターンが見込めない、というのなら、正直、集中投資する意味はあまりないと思います。



また高配当銘柄の代表格、AT&Tに集中投資するのもどうかなと。

確かに6%近い配当利回りは超魅力的です。株価もかなり下がったから、もうこれ以上下がらねえだろうと。チャート的にも下げ止まったよう見える。

AT&Tだけ持っていれば、10万投資した場合、税引き後5千円の配当金が貰えます。株価が動かなければ年率5%のリターンです。AT&Tは税制改革によって税金が下がったので利益も増え、配当性向にはまだ余裕があります。こんなおいしい話はないぜ、とごくりとつばを飲み込み、私は銀行で全財産をおろしてAT&Tに全額つぎ込みたい気分になります。

しかしそんなことを思いながら1年以上たちますが、逆に株価は下落しています( `ー´)ノ。

やはり株価の動きというのはよくわからないので、安定を求めるのなら分散投資は必要です。あのP&Gですら株価の動きはけっこうありますからね、、、。1社がダメな場合でも、全体がカバーしれくれれば、、、。



まとめ

高配当銘柄に投資する目的は、やはり安定じゃないかと思います。

連続増配銘柄に投資しても、必ずこれから連続増配をするわけではないし、何かしらの市場変化があって、その企業の優位性が失われるかもしれません。そういうことを考えると、高配当銘柄で安定を求めるのなら分散投資を心がける必要があると思います。