2018年4月12日木曜日

投資にはシンプルさが必要。

バフェット太郎さん、本を出版!


米国株ブログ界のカリスマ、バフェット太郎さんが本を出版するようです!!

いや~、やっぱりバフェット太郎さんはすげえなと思います。やはり凄いということは皆が感じていることなんですね、本まで出すということは。

正直なところ、私もバフェット太郎さんから相当に影響を受けていまして、米国株投資を始めて、連続増配銘柄や配当金を出す優良銘柄への投資方法はモロにバフェット太郎さんの影響を受けています。

最近は道を踏み外して、クソダサい投資をして凍死家状態の株もありますが、配当再投資のみを続けていたら、まだ含み益状態だったと思います。(今は少し含み損)


普通の人にはシンプルな投資法が必要


バフェット太郎さんがここまでカリスマ的人気を誇るのは、言っていることに妥当性を感じるとともに、投資法がシンプルだからだと思います。

配当を出す優良銘柄で配当を再投資する、といういたってシンプルな投資法です。



私は世の中の大多数の人にとり、投資方法はシンプルな方がいいと考えています。私も含めて。というのも、世の中のほとんどの人にとって、投資というのはよくわからないものだと思うからです。けっこう勉強してもよくわからないものです。株式投資で知らなきゃいけない知識の幅は広すぎですよね。わかったふりで投資していても、間違っている可能性は十分にあります。

例えば、

・景気がいいのに何で株価は下落するのか?

・雇用の王様、雇用統計で市場予想を下回る数値が発表されて、なぜ株価が上昇するのか?

・決算発表で好決算を発表したのに、なぜ株価は下落するのか?

・PERは低くて配当利回りも高いのに、なんで株価は上昇しないのか?

投資をしていたら「なんで?」と思うことはよくあります。結局のところ「俺の考えは本当に正しいのか?」と根本からの疑問に繋がります。

正直なところ、私を含めた世の中のほとんどの人にとって、投資の細部まではわからないものです。だから簡単シンプルな投資法でそこそこのリターンで満足すべき、という答えが当てはまります。

確かに米国のバフェットのように超絶的なリターンを狙う投資法もありますが、おそらくほとんどの人には無理でしょう。決算の数値を細かく分析して、業界の動向を把握して、、、、。この時点で無理だし、それにそこまで勉強してもS&P500指数に負ける人がほとんどというのが事実です。

株式投資は時間を味方につけるものだと思います。そして投資を長く続けるには、ほとんどの人にとってはシンプルさが必要だと思います。自分でわけのわかっていないことは、長続きしないんじゃないでしょうか?

シンプルに米国経済を信じてS&P500指数連動の株を買うとか、配当再投資の力を信じるといった大まかでシンプルな投資法が必要でしょう。