2017年11月30日木曜日

今月もドル転のみ!2017.11月の投資



・NISA枠復活へあと1ヶ月。

早いものでもう11月も終わりです。あと1ヶ月で今年も終わりじゃないですか。今年の米国株は大した下落もなく終わるのかな、、、?高い高い言われ続けて終わりそうですね。今月も米国株への投資はせずに、ドル転のみで終わってしまいました。しかし来月の後半にはNISA枠が復活しているので、あと1ヶ月の辛抱で久しぶりに米国株への投資ができます!非常に楽しみです。


・米国株はやはりいいもんだ!

米国株へ投資できない期間が2か月くらい続いています。改めてということですが、その期間に1つ気付いた米国株投資の魅力は、「米国株を買えばほんの少しだけ収入が増える!」ということです。株価が高いか低いかに関わらず、連続増配銘柄を買えば配当金が貰えることはほぼ確定します。ですので米国株を買えば、それはイコール収入がアップしたということと同じことです。優良銘柄を買ったというだけでなく、収入までついてくるのだから米国株投資はいいですね。買えば買うほどお得な気がします。


・株価の先行きは分からない

しかし本当に今年は株価の調整らしい調整が来ませんでした。この株価の動きは、投資家に改めて「株価の先行きは分からないということ」を教えてくれています。この言葉は一寸先は闇ということで、株価は下がるかもしれないという意味で普通使われますが、株価がずっと上がり続けるという意味でも通じます。押し目を狙って待機していた投資家もいるかもしれませんが、そんなことをせずに素直に買ってればよかった、ということです。リーマンショックの影響があまりにも大きいから、株価の下落につい備えてしまいます。株価の動きは分からない、これが偉大な真実です。下落に備えるということと同じように、株が上がるという機械損失のことも忘れてはいけないようです。やはりドルコスト平均法は偉大だな、と思います。


・もういい加減学ばなければいけない。頼むぞ俺。

投資を続けていて、タイミングをはかるのは難しいということと、個別銘柄の選定は難しい、ということはいつも思います。米国の老舗IT企業シスコシステムズの株を保有していますが、ここ2週かくらいであれよあれよという間に株価は上昇してきました。あんなに動かなかったシスコシステムズが、短期間であっという間にここまで上がるとは、、、。どうせ動かないだろうと、あまり買い増ししかたったことを後悔しています。同じ割合になるように買っていけばよかったものを。良い銘柄というのは分かっていたはず。

来月からNISA枠が復活して久しぶりに米国株を買うことが出来ますが、もういい加減に下手なことはやめるようにしないといけない。もう後悔するような投資をせずに、下手を打っても「やれることはやっている」と自分で納得できる投資をしていきたいです。