2016年7月4日月曜日

やはり株式資産減の6月の結果。

6月の保有状況の結果ですが、配当金込みの総リターンは94.3%となりました。

5月が97.6%となんとか粘っていましたが、とうとう5%減まで来てしまいました。

今回のブレグジットによる日本株の下落が大きかったですね、、、。

米国株はディフェンシブ株が好調なこともあって保有銘柄の株価は上昇しましたが、為替が円高に進んだのでこちらも総じてみると、マイナスでした。

それでも原因は日本株の下落が大きかった。




一応、保有割合としては、

日本株  オリックス 25.5%  伊藤忠 18.2%  みずほ 1.45%

米国株  PG 34.3% KO 6.3% T 10.4% WFC 3% 米ドル 0.7%

でした。



6月は自分の中で心境の変化もありまして、乱高下の激しい日本株はもう買わないと決めました。

またウェルズファーゴ(WFC)の株を購入しました。

保有割合が片寄っているので、日本株を買わないということも考えると少しバランスを良くしていきたいと思っています。



日本株をじょじょに売っていき、米国株をとりあえず5銘柄にしてバランスを良くしていく、それが今後の方針でしょうか?

しかし日本株のあの下落率をみると、本当に嫌になりますね。

またこういうことが頻繁にあるから嫌になる。(たまにあるのはしょうがないけど)