2016年6月26日日曜日

光栄ある孤立。英国の離脱には誰も文句を言えない。

ちょっと雑感。

英国のEU離脱ですが、ただの事実として受け止めていた方がよく、株価の下落、円高などの結果を受けてこれからどうなるかどうするか、を冷静に考えた方が無難です。



少しNHKを見ていたら、今回のEU離脱について、英国と地球の裏側くらいの距離にある日本人がなんかしゃべっていましたが、全く不毛だと感じました。

結局、投票をしたのは英国民であり、英国民の心の中の総意がすべてを決めます。

日本人が、「EUへの拠出金が高いから」「移民問題がどうとか」言っても所詮、日本人なのだから他国の英国人の気持ちなど分かるはずもない。



多分日本人でも、「日本はこんなに借金を抱えているし税金も高いのに、なんで外国にはお金を配るんだ、国民に還元しろ」とか「最近、外国人の旅行客が増えてなんかいやあねえ、マナー悪いし」、「外国人の労働者って日本語が分からないし、やっぱりちょっとねえ。」とか「TPPは日本の農家の所得が減るんだろう!断固反対」とか少しでも思ったことがある人は、英国人のEU離脱派と同じです。

英国人を責めるべきではありません。

近くに保育園ができたらいやって本当は思っているだろう?(それくらいの心の度量です、日本人も)


英国はかつて、「光栄ある孤立」という立場を取りましたが、そういう国風があるんじゃないでしょうかね。

ポンドも捨てきれなかったでしょう。

英国の経済状況が悪くなる可能性もありますが、それは英国人の選択ですね。