2016年4月23日土曜日

米国の連続増配銘柄、大丈夫なのか?

日経平均は非常に調子が良く、私の保有銘柄も順調に値を上げています。

米国のダウ平均やS&P500も順調に値を上げています。


ただ私の保有する連続増配株、ディフェンシブ株の値動きが悪いです。

具体的にはProcter&Gamble、コカコーラ、AT&Tです。

コカコーラは決算があまりよろしくなかったようですし、Tは同業のベライゾンの決算があまりよくなかったようです。

ドル高、また低成長ですし、GMのように景気循環で業績がよくなる銘柄でもありません。

また配当性向もそれなりに高い状況が続いています。


最近、ようやくディフェンシブ銘柄に光が当たりそうな気配でしたが、なかなか厳しいですね。

しかし連続増配銘柄意地を見せて欲しいです。

今以上に厳しい時代もあったでしょうからね。